オンラインシンポジウム「県民投票から2年-沖縄の声は届いたか 『辺野古』の埋め立てを止めるために!

明日(2月23日)、上記のオンラインシンポジウムがあります。

大変急な案内になってしまい、申し訳ありません。

沖縄に基地を押しつけない市民の会と津々浦々の会も賛同団体になっています。

津々浦々の会から西尾さんが登壇します。

視聴とシェアをよろしくお願いします。

                    関西沖縄文庫

                     金城 馨

===================   

 

オンラインシンポジウム

「県⺠投票から2 年― 沖縄の声は届いたか『辺野古』の埋め⽴てを⽌めるために」

2021年2月23日[⽕・休]午後3〜6時からYOUTUBE 配信いたします!

https://youtu.be/C3flT-ksPhs

主催「新しい提案」実⾏委員会 、後援:沖縄タイムス・琉球新報

2019年の「辺野古」県⺠投票から2⽉24⽇で2年を迎えます。投票総数の7割が「辺野古」埋め⽴てに反対を投じました。しかし、投票の結果および県⺠投票そのものの意義が全国の⼈々に⼗分に伝わっているとはいまだに⾔い難いのが現状です。

本シンポジウムを通じて、県⺠投票の重要性をあらためて全国へ訴えかけるとともに、具体的な次の⽅策として、辺野古基地問題の公正な解決を求める意⾒書の採択を各地で展開する「新しい提案」の意義をお伝えします。さらに、沖縄県議会における「新しい提案」の陳情採択を後押しし、全国レベルでの陳情アクションの喚起へつなげることをめざします。「辺野古」県⺠投票に続く、沖縄発の次の⼀⼿ー沖縄の⽶軍基地の問題の〈公正〉で〈⺠主的〉な解決を求める「辺野古新基地建設を⽌める新しい提案」とは? 本⼟での実践報告を交えながら、本シンポジウムの中で議論していきます。ぜひ、ふるってご視聴ください。

プ ロ グ ラ ム ― 司会 呉屋陽⼦

〇県知事メッセージ

〇賛同者・賛同団体の紹介

〇オープニングメッセージ 元⼭仁⼠郎

[第1部] 発表ならびに問題提起

⽶須清真 ― 「新しい提案」とは何か

⽚⼭かおる(⼩⾦井市議)― 本⼟における実践報告①

⻄尾慧吾 ― 本⼟における実践報告②

安⾥⻑従 ― 今問われているもの、問うべきもの

[第2部] コメント

〇ファシリテーター ⼤城章乃

川端俊⼀(元朝⽇新聞記者)

松永勝利(琉球新報記者)

⼜吉俊充(沖縄タイムス記者)

〇⽯垣市住⺠投票の会からのメッセージ

〇アピール⽂ 親川志奈⼦

〇閉会あいさつ 普久原朝⽇

辺野古新基地建設を⽌める「新しい提案」実⾏委員会は、2017年に発⾜した市⺠グループです。2019年3⽉に私たちは全国のすべての⾃治体の1788の議会に「新しい提案」の陳情書を提出しました。現在までに「新しい提案」に基づく意⾒書可決や陳情書採択が39の議会で⾏われました。私たちが⽇本全国の⼈々に呼びかける⺠主主義の実践とは、それぞれの地域の⼈々がこの陳情のことを知り、地域の議会で可決を求めていくアクションです。

新しい提案についての詳細は以下のHPをご覧ください。

https://henokostopaction2017.p-kit.com/

 

                 以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)