遺品の語る沖縄戦 — 遺骨収容家・国吉勇

遺品の語る沖縄戦 — 遺骨収容家・国吉勇

 

立命館大学国際平和ミュージアム
第101回ミニ企画展示

2016.6.4[土]  ̶ 6.26[日]

会場
立命館大学国際平和ミュージアム2階
ミニ企画展示室
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
TEL 075-465-8151 FAX 075-465-7899
http://www.ritsumei.ac.jp

 

開館時間 =  9:30 - 16:30
休館日 = 月曜日
*入館は閉館の30分前まで

 

<見学資料費>
大  人500円
※特別展「世界報道写真展2016」の期間中は、大人の見学資料費が500円となります。(団体料金適用はありません)

中高生300円(250円)
小学生200円(150円)
*( )内は20名以上の団体料金です。
*先に地階受付で見学資料費をお支払いください。
*立命館で学ぶ人・働く人は無料です。
*常設展示および特別展もご覧いただけます。

主催= 国吉勇応援会
共催= 灘校生徒会有志、立命館大学国際平和ミュージアム
画像提供:産経新聞 松本健吾氏(写真はイメージです)

 

遺骨収容家・国吉勇 略歴


1941年2月25日生まれ。那覇市在住。18歳で遺骨収容を始める。

人生の半分以上に渡って、沖縄戦で亡くなった方々の遺骨や遺品を一切の援助なしで収容してきた。 過去に収容した遺骨は4000柱(4000人分)にのぼる。2016年3月31日、遺骨 収容引退。

「戦後70年が経った今も地中に遺骨が眠っている沖縄の現状を知ってほしい」と語る。
本展では収容された遺品約50点を展示する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">